弊社の想い

2018年、“人生100年の時代“と言われました。

私は、やりたいことがたくさんあるので、とてもうれしかったです!
仕事して、趣味のジャズボーカルもボチボチやりながら、
不動産からこっちに徐々にシフトして、
着物が好きだから、こっちもどんどん集めて、
時折、大自然に旅にでる。
チョードヨイ!

私は、今、自由に自分の好きなことをして、
人に感謝してもらうことを喜びとして生きています。
まわりも、自由な人が多いです。
でも、そんな中にいて、時折、会話が止まるのです。

「赤羽さん、子供いるの?」

「うん、二人。
男の子で、もう、30歳と28歳になるよ」

というと、みんなびっくりします。

見た目が若い、というか、
自由な空気感が全身に漂っているせいなのか
「子供がいるようには見えない」と
子育て期間中も含めて、ずっと言われていました。

でも、私は、子育てをした期間が自分にあったことを
本当に良かったと思っています。

今後は、若くて綺麗で、人生を楽しめる時間も長くなります。

しかし、どんなに長寿時代になったとしても、
子供を持つ人生を選べるのは期限があります。

子供を持った時に思ったのは、
今まで自分はどんなに自由に生きていたんだろうか。
ということでした。

しかし、自分もこうやって育ったわけで、
父や母の気持ちがよくわかりました。

子育てで家にいた時代も10年近くあったから、
その間にもバリバリ働いていたら、
今よりももっと違う成果があったかもしれない。
でも。どんなにお金やステータスが上になっていたとしても
子供がいない人生だったら、
寂しかったと思うのです。

子供が生まれたときに、
この子は私の人生にずっといるんだ、と思ったことを
覚えています。

自分のことは適当なのに、子供のためなら何日も寝ないで
看病したり、寝不足でもテストの見直しをしたことなど、
本当に自分以外の者のためのほうが頑張れるものなんだな~
と思ったりしました。

私は、子供を持つ人生をお勧めします!

昔、結婚できない人を“負け犬“といいましたが、
今後はますます結婚しない人が増えるので、
シングルでいること自体はマイナスのイメージはないと思います。

しかし、子供が欲しいと内心思っている人が
多いのではないでしょうか?

今後は、一部の人は何度も結婚し、
結婚しない人(できない人)はどんどん増えていく
時代になります。

お金や生活レベルだけでなく、

美容と健康
恋愛と結婚

にまで、格差が生じていることをが
私にとって興味深いことでした。

タワマンに住んだり、
高級車に乗ったり、
海外旅行にバンバン行ったり
はできなくても、
真面目にフツーにしていれば、
結婚して、家庭を持つことはできると思って
いたのだと思います。

20歳も後半になり、30歳になり、、、
なんか、自然にそういう風にいかないぞ、
おかしいな?
と思っている方は多いのだと思います。

気がついてください。

もう、自然に結婚できる社会でも時代でもありません。

あなたは、気が付き始めているけれど
親や会社や周囲の人の
「普通に誰でも結婚できるのに、なんでしないの?」
という無理解な環境にいて、
苦しんでいるのだと思います。

それを誰にも相談できずにいるのではないでしょうか?

大丈夫です。

私は理解者です。

“結婚する“

と決心をして、この扉を開いてください。

結婚のための、近道を用意してお待ちしております。